理想の住居を手に入れるために信頼できる不動産会社を利用する

あなたとわたしのLIVIN

購入時に必要な経費

紙の人と家

住宅の購入をするときには、多くの費用が必要になります。
分譲住宅のような、既に完成している物件の場合は、土地代や建物代が全て含まれた価格で提示されているので、購入がしやすくなっています。
注文住宅であれば、土地の購入から設計まで全て一からスタートする形になるので、費用がかかる場合があります。
住宅の購入のときには、お金の全体像や総額を把握する必要があります。
不動産の価格だけでなく、手続きのときの諸費用、購入した後に必要となる固定費があります。
全体的にどの程度お金があるのかを把握してから、住宅の購入は行なうべきでしょう。

住宅の購入のときにかかる費用として、頭金が重要になってきます。
頭金は、購入予定の物件の現金で支払う額のことを指します。
近年頭金が0円となっていても住宅ローンを組むことが出来ますが、現金で支払わない分、借入額が増えて、毎月の返済が厳しくなってしまいます。
およそ不動産の価格の2割程度は、現金で頭金として支払っておくべきでしょう。

住宅の購入のときには、様々な諸費用が必要となってきます。
単純に、土地代と建物代だけでは、購入することが出来ないのです。
住宅ローンの借り入れ費用や不動産登記の費用、新しく家具を購入するなら家具費用、引っ越し代など様々な費用が必要です。
申込証拠金といって、購入をキャンセルしたときには返金されますが、一時購入申し込みをするときに支払うものです。
手付金といって、売買契約をするときに売主に払うお金があります。これは申込証拠金と違ってキャンセルした場合は返金されません。
他にも印税視野仲介手数料、登記費用や不動産取得税などが必要になるので、覚えておきましょう。
リビン株式会社のように、仲介手数料が無料のところもあります。