理想の住居を手に入れるために信頼できる不動産会社を利用する

あなたとわたしのLIVIN

ローンで購入する

宅地

住宅の購入のときに、現金で一括支払いが出来る人はほとんどいないでしょう。
多くの人が、頭金を支払って、その後は住宅ローンにて毎月支払っていく形を取っています。
住宅ローンには、民間融資や公的融資、協調融資というものがあります。
民間融資は、銀行ローンを主体としているもので、選択肢も豊富に揃っているため、自分の条件に合わせて組み合わせることが出来ます。
民間の住宅ローンは、銀行以外に専門会社や生命保険会社なども取り扱い始めています。
住宅の購入に必要なものなので、どこで借り入れを行うか、それぞれの特徴を知って慎重に決めましょう。

住宅の購入のときに、公的融資を活用する人もいます。
公的融資は自治体のような公的機関によるもので、中でも財形貯蓄をしている人が借りられる財形融資というものがあります。
財形融資は、勤めている会社で1年以上財形貯蓄をしていて、残高が50万円以上ある人のみが利用出来るものになります。
自治体融資といって、各都道府県や市町村が独自に行なっているものもあります。
変わることがない固定的金利が魅力的な協調融資というものを選ぶことも出来ます。

住宅の購入を行うときに必要な住宅ローンですが、金利にもタイプがあるので、それについて調べることも大切です。
金利には固定低金利型や変動型、固定期間選択型といったものがあります。
返済額が毎月変わることがなく、資金計画に関しても立てやすいのが固定金利型です。
反対に、返済している途中で定期的に金利の見直しが行われるのが変動型です。
固定期間と、その後の金利タイプを選択することが出来るのが、固定期間選択型となります。
金利タイプによって、返済計画や返済額が変わってくるので、住宅の購入のときには、先を見据えて選びましょう。